お守り

登校前、ちび子の手のひらに
ボールペンでニコニコマークを描きます。
お守り。

一番最初に学校へ行くのを渋ったとき
「いやだなぁって思ったら、
このニコニコちゃんの手をぎゅぅぅってしてみると
楽ちんになると思うよ」って書きました。

下校時、
「お母さん、ほら」と、
手のひらを見せます。

ボールペンで書いたニコニコちゃんは
もう、書いたことが何とか分かるくらい薄くなっていました。

「途中でおなかが痛くなくなったのは
 これが薄くなったせいだと思うよ」
と、ちび子が言いました。

お薬のような気分なのかな。

それからは毎朝、ニコニコちゃんを手のひらに描きました。


金曜日、
校門で待っていると、ちび子がジェスチャーをしながら出てきました。

なになに?

ほっぺをテンテンと触ってから
大きく両腕をクロスしてバッテン・・・・・

あっ、今日は泣かなかったよってことだね!!!!

そうか、よかったねー、すごいねー。

「お母さん、ほら、見て」
手のひらのニコニコちゃんはすっかり消えています。

「給食の時間が近づいてきて、
 嫌だなと思ったの。
 でも、手を見たら、
 ニコニコちゃんが全然見えなくなってたんだよ。
 そしたら、もう涙が出なかったの。」

よかったねー。


消えているのは当たり前なのです。
だって、午前中にプール授業があったのだから。
だけど、ニコニコちゃんのお守り、
効き目があったようです。



毎日つけている「ちび子 はなまるにっき」。
がんばったこと、
うれしかったこと、
よかったことを書いて、
シールやスタンプでわたしが印をつけます。
もうシールが足らなくなってきました。
ちょっとずつ自信を取り戻していけそうです。
関連記事

 日々のこと

0 Comments

Leave a comment