丈夫だから大丈夫


またコッポクッションがオークションに出ていましたね。
やっぱり、あるんだぁと再びつぶやきました。
幾つか作ると、
自分なりのやり方が少し見えたかなという気が・・・してるかな?
糸の引き加減は、バテンレースのおかげか、比較的つかみやすいです。
でも、しばらくはバテンに集中しないといけなくなりました。
理由はまた。


雨上がりで涼しかった昨日、
新潟市内で始まった「水と土の芸術祭」に触れてみようと
回れる範囲の作品、しかも無料のものを観てきました。
妻有地方の「大地の芸術祭」の二番煎じかしらん・・・と、
正直余り期待していなかったのですが、
やはり実際に目にし、触れるというのは、よいですね。
夏に新潟に来られる方は回ってみてください。


万代橋を渡るときに、制作中なのを発見し、ものすごく気になっていた、これ。
          
全部竹で造られています。
竹の廊下を抜けると、
高いたかーい天井の部屋。
思わずはだしになりました。
川風が気持ちいい。
本でも持ち込んで、ゆっくり一日過ごしたいほど、心地よい。


竹って丈夫。
ジャングルへ行ったときのことを思い出しました。
ロングハウスも、この作品同様に竹で造られていました。
また、ジャングルの中にある洞窟に行きました。
そこでは海ツバメの巣を地元の方が採っています。
天井は見上げると首が痛くなるほど高く、暗い。
そこでは竹を使ってはしごを組み、
天高くにある巣を採っていました。
人間の食欲のために、せっかく作ったおうちを奪われてしまうツバメ。
でも、巣を採る方々も生活のために命がけでした。
いろんなことを考えました。

・・・あ、話がそれました。
竹は丈夫ってことが言いたかったわけで。
わたしのような者が入っても全然心配のない作品で安心しました・・・


これから秋までいろいろな作品を観て回りたいです。
「のぞきからくり」は絶対に。
せっかくの機会ですからね。
    
                   

関連記事

 日々のこと

0 Comments

Leave a comment