FC2ブログ

Ginaさんのお店へ!

ちょっと思いついて、久しぶりにAmazonを覗いてみましたよ。
Ginaさんの本を見てみたら、あら、まあ、びっくり価格がついていました。
あんまりなのでリンクは貼りません。
Ginaさんの"Buttons: A Passementerie Workshop Manual"は、本当に良書です。
お求めになるなら、断然、Ginaさんのお店がおススメです。
何度も書きますが、こうして宣伝することにわたしは何も得はないので、安心してください。
ただただGinaさんと彼女の作品のファンです。
「糸ボタン」「作り方」というキーワードで拙ブログにご訪問くださる方に勧めるならコレ!と思っているだけなのです。
わたしは英語がダメダメですが、それでもこうしてボタンメーキングを楽しんでいますよ。
この本のおかげです。
関連記事

 ボタンの本

2 Comments

ki*ra  

問い合わせです

初めまして、突然すみません。糸ボタンに惚れ込んで作っていますが、海外に沢山のステキなボタンがあるようで図案の載っている本などが欲しいと思っています。

ですが英語も出来ず海外のショップで自分で買うことが出来ません。ちどりさんのブログに仲介できるような旨がありましたのでお値段等詳しくお伺いしたくメッセージしました。

ちどりさんの作品はとても美しくて見ていて楽しいです!沢山勉強されたんだなと私も頑張りたい思いです。

初心者なので初心者向けの資料がありましたらと思っています。

お手すきの際お返事頂けるとありがたいです。

よろしくお願い致します。

2019/02/10 (Sun) 08:29 | EDIT | REPLY |   

ちどり  

ki*raさんへ♪

返信が遅れまして、失礼いたしました。
もしかして、他方でもご連絡をくださっていた方でしょうか。
つい最近、スマートフォンの機種変更をしたばかりで、いまだ扱いに慣れておらず、
いくつかのメッセージに気づかずにおりました。
お許しください。
できましたら、こちらでの返信とさせていただけるとありがたいです。
なにぶん、タブレットでの入力が苦手なもので…。

お問い合わせの件ですが、
やはりGinaさんの御本が掲載点数も多いし、英語表記なので、よいのではないかと思います。
一緒にキットも購入できるので、着荷後すぐにボタンメーキングを始められるのも利点です。

お買い物は無理でもショップを閲覧することは可能でしょうか。
右枠のリンクから入っていただいて、ボタンのコーナーを見てみてください。
ボタンメーキングに関する商品が並んでいます。
引き落とし時のレートにより金額が変わります。
今だと大体150円前後でしょうか。
それと英国-日本、わたしから発送先への送料を頂きます。
わたしは商売でしていないので、
ボランティア的に実費のみで、手数料は頂いておりません。

ただ、ご注意願いたいのは、
転売や、製品を用いての作品販売を念頭に置いた方への仲介はお断りしております。
なので、ハンドメイド作家様である場合は、
ご自身で購入と使用許可を取っていただくようにお願いしています。
その点をご承諾いただき、購入希望のものがあればご連絡ください。
追って、詳細をお返事いたします。
ご検討ください。

2019/02/10 (Sun) 13:55 | REPLY |   

Leave a comment