5年

そうか、中越地震から5年か。

あのとき、大きく大きく家が揺れて怖かったけれど、
ちょうど家族全員がそろっているときだったから、
まだ、落ち着いていられたように思う。
新潟市内は大きく揺れはしたけれど、
被害はなかった。
その後は、
生まれたばかりのちび子をおぶって、
お姉ちゃんの手を引いて保育園まで歩く道は
いつ余震が来るかと怖かったのを思い出します。

中越の皆さんは、
それは大変な5年間だったことでしょう。
時々訪れると、
ぱっと通り過ぎただけではすっかり復興したように見えますが、
きっと生活や心の中に大きな傷が残っているところもあることでしょう。
わたしは、
義捐金にしろ、ボランティアにしろ、
自分のできる範囲、
本当に小さなことでしか動けませんでした。
もっと何かできたかもしれない。
もちろん家族を守りながら、
隣人が困っていたら自分には何ができるのか、
考えさせられました。

関連記事

 日々のこと

0 Comments

Leave a comment