現在、販売はしていません

ヤナギバヒマワリのボタンが売られていますが、ちどりさんのボタンですか?
そうだったら買いたいのですが
というお問い合わせがありました。
対象品を見てみると、
糸の本数は微妙に変えていますが、確かに昨年10月頭に作ったヤナギバヒマワリと同じデザインのボタンでした。
これ↓がわたしが作ったものです。
DSC_0148.jpg
わたしは自分が作ったものを販売していません
ですので、その販売サイトに掲載のあったものは他の方がお作りになったものです。
せめて色くらいは変えてくれれば誤解を招かないのになとは、ちょっと思いますが、
わたしは意匠について権利申請しているわけでもないので、その方に直接どうこう言うつもりもありません。

でも、「ちどりの作ったボタンが欲しい」というお言葉はとても嬉しかったです。
どなたかから、お金を出しても欲しいと言っていただける、
その対象が自分が作った物であるとは、なんと幸せなことだろうと思いました。
ありがとうございます。

以前、ジーナさんがおっしゃっていました。
美しいものを作りたいと。
既にあれだけ美しいものを数多く生み出している方がそう言うのです。
先を行く人は、どこまでも上を目指しているのだなぁと感じました。
わたしも、せっかく作るのならば、美しいものをこの手で作りたい。
奇をてらったものではなく、基本のしっかりした美しいものが目標です。
これからも「欲しいな」と言っていただけるものを生めるように練習していきます。

最近、言葉の贈り物を多く頂きます。
たくさんの方からエールを送られているのだな、頑張るぞと、受け取っています。
先日書いた、若い方からのご要望にもお応えすることに決めました。
その方が下さった言葉の中に、わたしの心を打ちぬいたものがあり、
これはわたしの宝物なので、公開はできませんが、
これを断ったら愛好家をやめねば、ぐらいの気持ちになりました。
それに、せっかく作るのであれば、やはり最初にきれいなものを知ってもらいたいという気持ちが大きかったです。
今では数多くいる糸ボタン作家さんではなく、
一愛好家のわたしを見付けて声をかけてくださったこと、
ただただ嬉しいなぁと思っています。
よしっ、がんばろう。

関連記事

 糸ボタン(passementerie buttons)

0 Comments

Leave a comment