街の書店は大事

久しぶりに近所の書店へ行きました。
棚の下のほうの一番隅に、厚い本が立てられていました。
背に「ダーニング」の文字が見えます。
でも、その本のすぐ前に他のお客さんが立っていて、
押しのけてまで本を手に取るのもはばかられて、その場は帰ってきました。

帰宅後、一体あの本はどんなのかな?と思い、amazonで検索しますと、
どうも、これ↓みたい。


へぇ、ダーニングマッシュルームが付いているんだ、
使うかな、どうしようかなと、ちょっとだけ悩みましたが、
既にAmazonでは定価購入ができないようでしたので、
改めて書店へ行って、買ってきました。

ダーニングマッシュルーム、木の香りがします。
手持ちの一番大きなくるみボタン土台が、ちょうど乗っかるサイズです。
…ってことは、工夫次第ではボタン向けの何かを作ることも可能。

しかし、手芸好きの皆さん、情報が早いですね。
最近のわたしはボタン情報以外の手芸情報集めを怠っていたなぁと反省。
関連記事

 手芸本

0 Comments

Leave a comment