再び怒り沸騰、そして虚無感

怒ったり、思い出し落ち込みしたりしているので、お嫌な方はスルーしてくださいね。




またですよ、また。
わたしの画像を加工してアップロードしている人がいました。
これまでと同じ人ですけどね。
なんでしょうね、何がしたいんでしょうね。
ご自分のやっている行為が権利侵害だと分からないのでしょうか。
即通報しましたが、どうにもこうにも腹の虫がおさまりません。
ものを作っているのなら、これがやってはいけないことだと知っていて当然ですよね。
それがこうも何度も行われるというのは、悪質だと思います。
嫌がらせなんですかねぇ?
何の得にもならないと思いますよ。

これまでも、複数の方から、何度もこういう目に遭わされてはきたけれど、
決して慣れることなどないんですね。
最初は腹が立つんです。
でも、しばらく時間を置いてみると、今度は、どっと虚無感に襲われるんですよね。
わたしの権利を侵すだけでなく、気力とか希望とか、あとはそれに関わる時間とか、
この人たちは、そういうものもごそっと奪っていくんだなぁって、毎回、感じます。
ちょうど、ただいま、その呆けた状態に落ちています。

この話とはイコールではないけれど、最近、ちょっと気になっていることがありました。
ネット上で、
手芸作品の作者に対して、真似っこしてもいいですか?って尋ねておられる方を複数見ました。
そうか、最近はそういう言い方をするんだなぁって、少し驚きました。
何に驚いたかって、具体的にうまく言い表せないのだけれど。
多分、「真似っこ」という、その語彙の選択に違和感を覚えたのかなぁ。
無断盗用よりはずっといいのかもしれないですけれど、
わたしがそう言われたら…うーん、分からないけど、断ると思う。
実際、もう何年も前のことですが、随分と失礼な物言いをする方がここを訪問されたことがあり、
その方のお申出はお断りさせていただいたこともあります。
わたしがぼけぇ~っとしていたり、へらへらしていたりして見えて、
下にいる人間、そういう失礼な態度を取っていい相手と判断されたのかもしれないけれど、
お会いしたことも話したこともないような方から上に乗っかられて、いい気持ちがするわけがない。
日本語って少し曖昧にぼやかすような言い方をすることも多いけれど、
お願いする場合は、きちんとした言葉をわたしは使いたいなと思います。
ボタンメーカーどうしでやり取りをすることはあっても、
そういう、作品や作者が尊重されない言い方をしたことはもちろんないし、されたこともないです。
やはり人さまには敬意を持って、フェアに接しなければと心がけたいです。

そうなんだよな、敬意と公平さですよね。
テレビ画面の向こうに、ずっと苦手な人がいて、画面に映るとすぐチャンネルを変えています。
わたしはこの人がどうして苦手なんだろうなぁって考えて、最近、はっと気づきました。
そうか、この人の発言に他者に対する敬意と公明正大さを全く感じられないからだ、と。
神様は、いつも、姿を変えて、わたしの前に現れるなぁ、
人の振り見て我が振り直せを、改めて肝に銘じた次第です。

…それにしても、なんか腹に力が入らんなぁ。がっくり疲れたな。
-----------------------------------------------------------------------------
今回はとても対応が早くて、通報して4時間後には対処されていました。
それでもやっぱりモヤモヤは消えないですけどね。

子供たちにもずっと言ってきたんですよね。
誰も見下されていい人間はいない、
もちろん、あなたたちも納得のいかない扱いを受けるべき人ではない、
嫌なことは嫌だ、おかしいことはおかしいと言う、決然と抗議する、
でも、我慢を超えて嫌なことからは逃げてもいい、
必ずあなたたちの居場所はある、わたしもともにその場所を探す、
だから自分の価値を自分で落とすな、
そして、そのように対してほしければ当然に他者を敬うことって。

子供に言ったからにはわたしもそうせねばと思ってきた。
しかし、何の接点もない人には、前もっての対処はどうしようもないなぁ。
できるだけの防止策は既に取ってきたもの。
きっと今後も繰り返されるのだと想像するけれど、
その度に正当な手段で抗議していくしかないなと、
今、ちょっと気が遠くなってる…。
関連記事

 日々のこと

6 Comments

jun_141  

これは、穏やかではいられませんね。心中、お察しします。
同じ人が何度も何度も、どういうつもりなんでしょうね。

こういう時、救ってくれるのもまた手仕事ですよね。
無心に没頭できる好きなことがあってよかった、とも思います。

本当にいろいろな人がいますね…。
自分も、背筋がピリッとします。

2018/03/01 (Thu) 12:35 | EDIT | REPLY |   

ちどり  

jun_141さんへ♪

またあなたですかっ?!って感じです。
多くの手芸家のSNSの画像をダウンロードして、それを自分のアカウントでアップロードしています。
クレジットが入っていれば、せめて作者が特定されますが、
中には、サインを外して、画像を切り取ったりの加工を施したうえでアップロードしているものもあり、
以前より悪質になってきていると感じています。
ただ、きっと本人はそれが悪質な行為だという認識がないと思われます。
だから、わたしが何度抗議しても繰り返すのでしょうね。
わたし以外の手芸家は気づいておられないのか、
また、わたし以上に画像が出回ってしまっているので放置しているのか、
何も言わないので、その権利侵害行為を肯定されていると勘違いしているのかもしれません。
デザインの模倣も何度かされていますが、
それについては、もっときれいに作ってくれればいいのになぁと思っています。

そんなこんなで、作っても作ってもその度に侵されるというのに少し嫌気がさしていました。
でも、自分が好きなことは譲りたくないよなって思って、
ちょっと息を吹き返してきたところですe-442

2018/03/01 (Thu) 14:20 | EDIT | REPLY |   

jun_141  

すごい♪
そうですよ、好きなことは他人にどうこうされたくないです!

しかし、この「まねっこ」というのは、ちょっと…いや、
かなりの気持ち悪さを感じます。

2018/03/01 (Thu) 18:04 | EDIT | REPLY |   

ちどり  

jun_141さんへ♪

手を動かす、何かを作るって、きっと、
やっているときに脳から何かがドバーッと出てるんじゃないですかね?
もうやめよう、ここまでやったら寝よう、
もっとひどいときなんて、
ここまでやったらトイレーッって緊急事態(!)のときもあったりするのに、
いや、あともうちょっと、もうちょっとって、
止まらないお菓子のように続けてしまいます(笑)
だから、そのうちきっと禁断症状が出るだろうなぁと予想しています。
ずっと針を持っていなかった分の反動が怖いですe-350へへ。

かしこまった言葉で依頼するよりも、くだけた言い方のほうが頼みやすいってことなんでしょうかね。
あちこちで見かけたので、手芸好きさんの間で流行っている言葉なのかな?と思いました。
さすがに業としての作家さんに対しては言えない言葉ですもんね。
逆に断りたいときは、皆さん、何て返事しているのかな?と気になります。
わたしのところは、
作り方も材料の入手先も開示しませんというお断りを掲げて以降は、
以前よりも、作り方や材料の入手先についての問い合わせは減りました。
御訪問者のそう多くないブログですが、
いろんな場合を想定して、自分がどう対処するかを考えておく必要はあるんだなと、
幾つになっても学ぶことばっかりで、古い型番の頭がギィギイいってますe-260

2018/03/01 (Thu) 21:13 | EDIT | REPLY |   

未草  

お疲れ様です

そうまでして他人のものに自分の名前を付けて発表することに何の得があるんでしょうね。
加工したりなんだりするテマヒマ、パワーを、自分自身が工夫したり学んだりすることに当てれば良いのに。と思います。

日本人は他人の知識に対して尊敬する気持ちが薄いって何かで読みました。
今はさらにネットで気軽に色んな情報が手に入れられますからねぇ。
その人がどれだけ努力して、時間とお金を掛けて、その知識を得たり、作品を生み出しているのかなんて、想像すらしないんでしょう。

そんな人まね子猿以下の人間に関わる時間ももったいないと思いますが、取れる正当な手段はとった方が良いと思います。
その人に理解させるのが目的ではなく(そもそも猿以下だから理解は無理)、ちどりさんの権利、努力を守るために。

あんまり怒ると血圧上がっちゃいますよー
「このクソ猿」位の気持ちで戦ってくださいね!

2018/03/03 (Sat) 11:57 | REPLY |   

ちどり  

未草さんへ♪

ありがとうございます。

きっと、フォロワーを増やしたり、多くのいいね!が欲しくてやっているのかなと想像しています。
でも、逆に、今の時代だと、そのオリジナルまで探すことができますから、
盗用や無断使用も明らかになってしまいますよね。
最終的には自分の行動の幅を狭めることになるんだと、落ち着いた今は思っています。
その人も運営から何か注意が入ったのか、あれ以来、更新が途絶えています。
わたしだけでも20回くらい通報していますもん。

> 加工したりなんだりするテマヒマ、パワーを、自分自身が工夫したり学んだりすることに当てれば良いのに。と思います。
ですよね、わたしもそう思います。
新しいデザインを追うのは楽しいんだけれど、
基本がきれいじゃないと、雑に見えるんですよね。
結局は、その人の手から生まれたものがすべてを語るってことかと、
自分自身を振り返る出来事になりました。
大分、気持ちは回復してきたので、
もう少ししたら「作りたい!」が湧いてくるかなぁと、自分に期待しています。



2018/03/03 (Sat) 12:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment