ほんと、コレよ、コレだわよ

大学進学費用は超インフレ、奨学金を返すのは昔より大変だ

この記事↑を読んで、もう、ほんとにそうだと、首がもげるほどうなずきました。
我が家の娘はずっと公立校ですし、塾に通ったことがないです。
その点では、親は大変助かりました。
しかも高校は進学校なので、先生方の手厚い指導が受けられました(本人談)。
その分をちゃんとためておけばいいのですよねぇ。後悔先に立たずですわ。

そんなこともあって、さすがに入学前の受験対策等に200万円が消えたなんてことはないですが、
受験ってこんなに湯水の如くお金が消えていくものなのかと、
今年に入ってから、痛いほど知りました。
ほんと、痛い。

本人も浪人はしたくない、親の側もさせられるだけの余裕はないということで、
とにかく現役合格ということを進学の条件にしていたのですが、
それは、高い目標を持って諦めずに受験に臨むという学校の方針とは必ずしも合致するものではなかったですから、
学校での説明を聞きながら、娘なりにいろいろと思うところはあったろうと想像します。

国立の併願として首都圏の私立大学も受験しました。
1回で3万円以上の受検料を払いました。
うちの子が受検のために上京したのは1回だけですが、
同じ大学でも異なる受検方法や複数の学部学科で何度か試験を受けようとする子は、
その度ごとに受検料を支払い、
その度ごとに上京せねばならず、
その度に交通費と宿泊費が必要になるわけで、
いや、ほんと、大変なんだなぁと思いました。
皆様、社会的にもご立派な親御さんばかりなので、我が家よりは余裕があるのは確実なのですが…。
また、最近は地方受検が可能な大学もあるので、そういうのを利用する人も多いようです。
確実に一つ取れるところで、雰囲気をつかむ意味でも受けてみたらいいんじゃないかという
先生のアドバイスもあって、うちの子も新潟会場で受験したところが一つあります。
少なくとも旅費は不要ですものね。

で、めでたく娘は受検した先はすべて合格を頂いたわけですが、
そこでも、ただよかったで終わるわけではなく、やはりまとまったお金が出ていきました。
私大の合格発表のほうが国立大学よりもかなり前にあったのですが、
入学金を納めないと合格辞退とみなされるわけです。
国立での合格がいただけるかどうか未定なわけですから、そこは払わざるを得ないですよね。
しかも、実際に進学しなかったとしても、それって返ってこない…。痛いわぁ、痛い。

そのうえ、若い女子ですから、進学にともなって家から出るとなれば
安全面を考えればそれなりの場所に居を構える必要がありますよね。
当初志望していた大学徒歩圏内に手ごろな新築物件を見付けたので、
合格前予約ってやつで念のため押さえておきました。
当然お金が要るわけです。
そして当然、キャンセルしてもそのお金は返ってきません。

合格をいただいた私大は知名度も高く、就職率もよく、魅力的にも感じていたようでしたが、
理系に進む長女としては、院にも進めたらいいなという希望を持っていました。
随分と悩んでいましたが、結局、国立への進学を決めました。
「本当にいいんだね?よくよく考えたんだね?」と念押しをしながらも、
内心、ほっとしていたのも嘘ではありません。
だって、授業料だけで3倍差ですもの!!
授業料の表を見ながら「どーして理系なんだろねぇ…」と、こっそりため息ついたりしていました。
成績優秀者は授業料が免除になったりするわけですが、
そこまで好成績なわけでもないので、それもかなわず。
「奨学金」と銘打ってはあっても、貸与型は借金。
10代のうちに借金を背負わせたくはないと考えていましたから、
それをしないで済むことはよかったかなと思います。

で、これで終わりではなく、
スーツだ、
鞄だ、
靴だ、
パソコンだ、
保険だ、
教科書だ、
何だかんだと、まだまだ出費が続くようです。
あぁ…何かが間違ってるなぁと思う3月です。
宝くじに託すしかないのか。
それすら買うのも惜しい気がする。
お仕事増やせるかしら。それしかないかな。
でも、手芸の時間も作りたいもんねぇ…。
さて、母はどうやって頑張っていくかな。






関連記事

 日々のこと

4 Comments

未草  

おめでとうございます

お姉ちゃん、合格おめでとうございます‼
全勝とは素晴らしい。
ご本人、応援をされてきたご家族皆さまの努力の賜物ですね。
心よりお祝い申し上げます。

かれこれウン10年に自分が受験した頃を思い出しました。
奨学金は超頭のいい子が選抜されてもらうものと思い込んでいました。
社会人になってから、奨学金の返済があるから転職したいけどできない。
結婚してもなお奨学金の返済が続いて子ども産むどころじゃない。
という人に多く会いました。
変な言い方ですけど、意外と身近な借金なんだなと感じました。

そのような重荷を持たせず社会に送り出してくれた両親に感謝しないといけませんね。
もう親孝行する機会もありませんが……。

聡明なお姉ちゃんが熟慮の末に選んだ進路ですもの。
きっとそれが正しい道なのです。
幸多き未来が待っているに違いありません。
応援してまーすo(^o^)o

2018/03/22 (Thu) 00:19 | REPLY |   

ちどり  

未草さんへ♪

大きくなるのは早いものです。
先日、メイクを教えてもらいに行ってきました。
我が子ながら、お嬢さんらしくなったなぁと、
少し恥ずかしそうなその様子を見ました。
わたしが年を取るはずです。あちこちガタがくるはずです。

親にもっと経済力があれば、娘たちが上を目指す手助けができるのだろうと
少しの申し訳なさも感じるのですが、
幼い頃から、
母さんたちにはここまでしかできないから、
その中で努力をして、自分で最良の選択をしていくようにと話してきました。
その代わり、わたしがばあさんになったときに、あなたたちの負担になるようなことはしないからと。
分かろうが分かるまいが、言っておいたほうがいいなと思って、
小学生のときには確かに伝えていたと思います。

でも、勉強しろと言ったことはないです。
上の学校に進みたい、今のお友達と仲良くしていたいと思えば
自分で努力するでしょうと思っていました。
最近は「早く寝ろ」「さっさと起きろ」しか言ってなかったそうで、
「よそのお母さんは、勉強している子供に『寝ろ、寝ろ』って言わないんじゃないの?」と、
うちの母さんは面白いよね、みたいなことを言われました。

お友達の中には、やはり塾に行かずに難関大や医学部合格した子も大勢いるので、
自分にももっとできること、やるべきことはあったのだろうとは言っていました。
まあ、あまりキリキリとした受験期を過ごすことなく、
家庭内の雰囲気も普段どおりだったので、そこは長女に感謝しています。

これから先は更に何も口を出さない宣言をしました。
もちろん彼女から何らかの相談があれば、必ず応援したり、できる助けはしますが、
まだ若いから失敗しても大丈夫、失敗して学べと思っています。

次は次女が受験生です。
あの面白い子が一体どんなJKになるのか、楽しみでもあります。
ほんとに、10年なんてあっという間だなぁと、感じる春です。

2018/03/22 (Thu) 02:05 | EDIT | REPLY |   

リーサ  

ご無沙汰しています

長女さん、合格おめでとうございます。
そして、決断されたのですね。
インスタには、先日コメントしましたが、こちらには、すっかりご無沙汰してしまいました。時々のぞいてはいたのですが。
私立の理系、芸術系って本当にバカみたいにお高いですよね。
長男が、一浪後文系に転向したとき、長女が公立に合格したとき、更に次女が私立の芸術系から文系に転向したとき、申し訳ないけれど、助かりました。それでも、それぞれ、月額5万円の奨学金をもらってもらいました。
私も、受験にかかる費用の多さに閉口しました。
オーブンキャンバスに行くのも、結構な出費でしたし。
結局、それぞれ、先生や友人に恵まれ、有意義な学生生活が送れたので(次女は二回生ですが、一年終えて、ここにしてよかった、と言ってましたし)よかったな、と思います。
お嬢さまにも、よい出逢いがありますように。

昔は、国立なら、親の仕送りがなくても、バイトで、授業料がなんとかなったのに、どうして、こんなことになってしまったのでしょうね。

2018/03/29 (Thu) 18:37 | EDIT | REPLY |   

ちどり  

リーサさんへ♪

お金のことは何とかするとして、
自分が何ができるのか、したいのかをよく考えてと伝えました。
都会の有名校に行けば、各地の優秀な人が多く集まるだろうから、
そこから学べることもありますよね。
でも、教員当たりの学生数や設備は国立のほうがいいだろうし、
院への進学率も高いし。
けっこう早い段階で決断はしていたようですが、
それを固めるために、期日ぎりぎりまで
先生や先輩方に相談したり、自分でもいろいろと調べたりしていました。
納得して決めたのなら、それが彼女の最良の道なのだろうと思います。

今は「お金をためてイギリスに行きたいなー」と言っています。
学費負担が減った分、他のことに振り向けられる余力ができて、
彼女の世界が広がるのなら、それもよいことかと思っています。

イギリス、わたしも行きたいなー♪

2018/03/29 (Thu) 20:44 | REPLY |   

Leave a comment