久しぶりの調べもの

0-02_20180506212817a6e.jpg
ここしばらく、「糸ボタン」について、国内においての調べ物はあまりしていませんでした。
何年か掘り続けたことはブログにも書いてきたとおりですが、
いまだ日本語版の書籍は見つけられていなくて、しばらく間を置いてから再開しようと思って。

粗忽もので迂闊なわたしは、
不用意な発言をしそうなツイッターと、実生活と切り離しにくいフェイスブックは見る一方で投稿しませんが、
あの情報量ですから、当然、調べ物の範囲であります。
そしたら、嬉しいことに、ツイッターで「ちくちくちどり」をお褒めくださっている方が。
我が家では、「すごい」はあらゆるシーン、あらゆる意味で使える万能語ということになっていますが、
これは素直にお褒めいただいてると受け止めて、今また、やる気になっています。
どなたか、御投稿者とお知り合いの方がいらしたら、
ちどりがとても喜んでいたとお伝えくださいませ。

わたしは運がいい、
出会いに恵まれていると、いつも感じます。
詳細はまたご報告いたします。
とにかく、皆さんに「ありがとう」と言いたくて、記事を投稿しています。
ありがとうございます。
関連記事

 糸ボタン(passementerie buttons)

0 Comments

Leave a comment